読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見

昼から振り付けを担当しているミュージカルのレッスンに出かけて、夜は地元で友達とご飯を食べてきた。

 

中学校が一緒の彼女は本当にいろんな話が出来る友達。

それは、こちらがなんでも気兼ねなく吐き出せるという意味ではなくて、どんな話題でも良き会話のキャッチボールが出来るという意味での“いろんな話が出来る”友達。

 

会うのは久しぶりで、私は仕事の話を、彼女は彼女の恋人の話をしてくれた。

 

私が今度のテレビ出演について「きっと難しいニュースも扱わなければいけないけど、自分が本当に思っていることを下手に意見すればきっと大炎上すると思う」と話したら、「例えばどんなことを思ってるの?」とたずねてくれたので本当に誰にも話したことがなかった北朝鮮についての考えをこっそり話した。

すると納得した様子で「ハァ〜〜〜〜すごくいい視点だと思う!そんな話をしてる人なかなか見ないよ。でも公にすれば変に捉えられて炎上するかもしれないね」と言われた。

 

きっとカメラの前に立てばいくらか慎重になれるんだろうけど、やっぱり生放送で取り返しのつかないことを言うのは怖いので常日頃から彼女のような人に自分の意見を話そうと思った。身近な人相手にワンクッション置いて、話せそうだと思ったことは話すようにする。

 

仕事は本当に本当に怖いけど、信頼のできる感覚を持っている人がまわりにいてくれるのでその人たちに頼って頑張ろうと思う。