読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日曜と月曜の忙しさの反動で今日は朝からずっとダラダラしてた。

普段滅多にラジオに投稿なんてしないのに、ローソンのネパール人店員に一目惚れした日にネパールの国歌を聴きまくった という内容のメッセージを送ったら読まれてしまった。

 

夜の日舞のレッスンには頑張って行ったよ。

最近はスタジオに行くと口々に

「テレビに出るって本当?」

「CM見たよ!!」

「それってオーディションで決まったんですか?」

等々…仕事についていろいろと声をかけてもらうんだけど、スタジオにはみんな種類は違えど何かしら人前に立つ仕事をしたいと思っている子たちが多いので、なかなかお喋りのテンションに困ってしまう。

 

みんなからしたら羨ましくてたまらないんだということが表情で感じ取れるので、怖くなっていつも話し半ばであまり踏み込まずに話題を変えたり会話をやめたりする。

もしオーディションで勝ち取った仕事だったらきっと堂々と話せたんだろうけど、指名された仕事だから自分で直接的な努力をしてないんだよな。

「すごいね〜」って言われても「いや、そんな全然…すごくなれるようにがんばります…」って苦笑いで返すことしかできない。

 

そんな中で、趣味でスタジオに来ている年配のお姉様方や先生方の言葉はとっても胃に優しくて素直に嬉しい。

今まであんまり深く話す機会がなかった人とも仕事のことを話題に話しをして、自分が思っていた以上に普段から見てくれていたんだ と気づくこともある。

 

自分だってもう大人なのに、見守ってくれている大人が近くにたくさんいるのは嬉しいなぁ。

一緒に日舞を受けている50代の人と帰りの電車が偶然同じでたくさん話せたので、今日も嬉しい気持ちになっちゃった。